魚群探知機の高性能な魅力を知る~サクサクお魚大漁術~

作業員

改良された設計

業者

デジタル信号処理技術の普及で、spectrumanalyzerの利用機会も増える事が予測されます。

従来のspectrumanalyzerは、複雑な回路設計になっていたために、計測方法を間違えたり、計測中に誤って電気回路をショートさせてしまったりすることで簡単に破損させてしまう事が多々ありました。計測機器の内部回路にダメージを与えてしまう事故が多かった一要因として、デジタル信号処理の知識やスキルを会得している技術者が多くなかったことも要因の一つです。 その後のデジタル信号処理技術の普及と進歩によって、計測機器の性能は飛躍的に向上しました。 また、デジタル信号処理の知識やスキルを体得した技術者も増えたため、より正確に計測を行うことができる技術者が増えてきました。 特にspectrumanalyzerのような周波数領域での電気信号の測定については、今日では至極普通に利用される技術までになってきています。 今後は、更にデジタル信号処理技術の普及が進み、spectrumanalyzerを利用する機会が増える事が予測されます。

デジタル信号処理装置を設計開発する場合は、知識と経験豊富な指導者のもとで利用する事が大切です。

信号処理を行う電子回路においては、ハードウェアとソフトウェアが複合的に動作して実現されるアプリケーションがほとんどです。 従って、その回路に関するデバッグについては、ハードウェアの知識に加えてソフトウェアの知識やアルゴリズムの基本概要、さらにはデジタル信号処理の基礎知識が習得されている事が条件になります。特にspectrumanalyzerを利用して開発中のシステムのパフォーマンスを測定するには、幅広い知識と経験が必要になります。 これは、デジタル信号処理技術を実際に電子回路で実現するにはハードウェア知識のみでも、ソフトウェア知識のみでも設計する事ができないためです。 spectrumanalyzerを利用して計測、測定を行う場合には、スキルを持った技術者の指導のもとで利用する事が大切です。